ぎこちない英語による戸羽俊夫の話

Toshio Toba’s talk by awkward English

語り手:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。

語り手の一言:私に連絡をくれる人達の多くは海外の方で、お互いにある程度のコミュニケーションを図れる言語は英語という事で英語でのトークをしてみました。一応、私の英語は通じたみたいです。

話した内容は、YouTubeのページに飛んで頂ければ日本語訳を動画の下に記しておきましたので良かったらご覧下さい。

海外の方達とコミュニケーションをしていて気付いたのは、宗教について当たり前のように話をして来るという事でした。日本の方で雑談していて宗教について言及して来る方はまずいません。日本人は、例えある宗教を信仰していたとしても言おうとしないのが普通です。

日本では宗教はおかしなものというイメージを持たれている方が多いからですね。

しかし、海外の方は自分の信仰している宗教について堂々と語って来ます。自分は何々教の何々派だと。本来、これが普通の姿であり、日本の現在の在り方が特異な状態に陥っている訳です。

宗教とは何でしょうか?早い話が正しさを教えてくれるものです。信仰を持っていないという事は、その正しいと信じる基準を自分の内に持っていないという事。自分が正しいと信じる基準がないという事です。

ですから、実は信仰している宗教がないという事の方が本来恥ずべき事なんです。自分がどのように生きるかという人生における選択ができていないからです。他の人に自分の意見を押し付けるつもりはありません。私の心を率直にありのままに記します。

宗教が人を狂わせるのではありません。宗教なき所に狂った人が現われて来るのです。これは疑いようのない事実です。信教の自由を絶対に認めない思想を持った組織を見れば一目瞭然です。

彼らは彼らの思想を受け入れない者達を粛清と称して処刑しまくりました。いや、現在もその粛清は行われています。彼らの思想に反する者は絶対に許されないのです。ですから言論の自由がないのです。

信教の自由が保障されている所に言論の自由も保障されているという事です。人が絶対に手放してはならないモノ、それは自由!私はそう思います。

本当の宗教とは人を束縛するものではなく、人を自由にしてくれるものです。束縛された自分を解放してくれるものです。少なくとも私は自分が正しいと感じ、信じた宗教を自分の基準として生きる事で、あらゆる意味において自由を満喫しつつあります。

Tags

動画と音声の各ファイルを合成編集する方法

前回のライン録音の方法に引き続き、今回はライン録音された音声ファイルとデジタルビデオカメラで録画された動画ファイルを合成編集する方法をご紹介致します。

合成編集するために使用するのは動画編集ソフトです。最初、フリーソフトを探してみましたが、初心者がサクサク作業を進められるシロモノではなく非常に難解なもので勉強が必要かつ操作に慣れても作業時間がかかると感じましたので、誰でも簡単手軽に扱えそうな有料の動画編集ソフトを探したところ、お目当て通りのモノにたどり着きました。

そのソフトがこちらになります。⇒特別優待版★CyberLink PowerDirector 8 Ultra

操作方法はあまり説明を必要としないくらい簡単なので直感的に操作できる人も多いと思います。しかし、やはり説明がないと分からないという人もいるとたくさんいると思いますので、操作方法を動画にしてみました。

分かりにくい所もあるかもしれませんが、できる限り分かりやすい説明にしようと心掛けました。

上の『動画と音声の各ファイルを合成編集する方法』の動画の手順で出来上がった動画ファイルが以下の動画です。

現在、パワーディレクターの最新版は9になっていますので、新しいのが良いという人はこちらをご利用下さい。↓

(64ビット版)CyberLink PowerDirector 9 Ultra64★特別優待版

(32ビット版)サイバーリンク PowerDirector9 Deluxe

Tags

エレクトーン演奏を自宅でライン録音する方法

エレクトーン演奏をキレイな音で録音するためにはライン録音は欠かせません。ビデオカメラから直接録音した場合、鍵盤を叩いた時に出るカチカチという音や家の周りの騒音などが入ってしまいます。ライン録音は、このようなあなたの悩みを解決してくれます。

しかし、ライン録音は何か難しそうというイメージがあります。実際、私も、何度行き詰った事でしょう。そこで、現在ライン録音をしている私が、自分のつまづいたところをピックアップしてその解決法を記す事でライン録音のハードルを少しでも低くしようとブログを書く事にしました。

今回の動画ブログは、今までに使った事のないツールを使用しました。説明するためにパソコン内の映像を普通のビデオカメラを使って撮影するのではキレイに撮れないので、それ専用のPCソフトを使用したんです。

自分が数年前からやってみたいと思っていた自己表現ができて、とても嬉しいです。しかも、このソフト、フリーソフトなんです。AmaRecCoというソフトです。

さて、動画で不十分だと思われた説明の補足などを記しておきたいと思います。先ず、music creator 5は、UA-1Gが付属しているタイプを選択する必要があります。⇒MUSIC CREATOR 5 Audio Recording Pack

それから、RCA端子コードもお忘れなく。短すぎると部屋の外観が損なわれるので、やはり多少長めが良いかもしれません。⇒RCAロングケーブル 3.0m RCA2ピンオス-RCA2ピンオス

それから、music creator 5がUA-1Gを認識してくれない問題を解決する方法は1年前に私が書いてました。⇒UA-1Gのドライバ不具合解消法

『パソコンは人を自由にする』というCMが最近よく流れていますが、私も本当にそう思います。パソコンのお陰で私はどれだけ自由になれた事か。おそらく、パソコンを持っていない人には想像だにできないような自由まで私は享受していると推測します。

情報の力の偉大さを身にしみて感じているここ数年ですが、情報はインプットするだけではなくアウトプットして行くことで、より大きな情報が入って来るようになると感じています。

社会への恩返しという言葉がありますが、実は、このアウトプットは単なる奉仕活動ではなく、真なる意味において自分を利する行為であると確信し始めています。

アウトプットした情報が更に大きな情報となって自分にフィードバックして来る経験を何度もしているからです。

Tags

このページの先頭へ

イメージ画像