太陽のシーズンのエレクトーン演奏

「太陽のシーズン」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回も前回に引き続いて安室奈美恵の曲を弾いてみました。曲名は「太陽のシーズン」です。グレード6級の曲です。

前にも言ったような気がしますが、安室奈美恵の曲はやっぱりこの時代が一番好きです。今回はユーロビート系の曲なので、特に私の好みの曲です。基本的にアップテンポの曲は大好きです。

演奏は今回もかなり苦戦しました。今回はリズムに乗れないというよりもリズムが掴めない部分がありました。情けない。

伴奏だけで弾くと全然難しいリズムではないのに、メロディーと併せるとどうしてもリズムが分からなくなってしまう部分がありました。普通は何回も弾いている内に体がリズムを覚えて行くのですが、今回はどうしても覚えられませんでした。

という事で伴奏が明らかにずれてる部分があります。5~3級の曲を弾いててもリズムが分からないなんて事はここ最近はなかったと思います。ですからショックです。基礎練習が不足してるのかもしれません。

本当はメロディーと伴奏を併せてずれてしまう場合、伴奏だけで体に染み付くまで徹底的に練習し、その後併せて弾きなおすべきなんですが、妥協してしまいました。

冷静になって考えてみると、ここは妥協しちゃいけなかった部分ですね。次、こういう事態に陥った時は伴奏だけで徹底的に練習して逃げないようにしたいと思います。

楽器演奏は、弾き間違えをしないこと、正確なリズム感、これが前提条件ですからね。それができた上で自分の感情を音に乗っけて行く。楽しい自己表現の段階に入って行く訳ですね。

私はまだ楽器を自分の手足のように自己表現のツールとして使いこなせていません。

「太陽のシーズン」は、「エレ クトーンメロディーパレットスペシャル 25 安室奈美恵 Grade7・6」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものも多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2011年12月4日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:J-POP

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像