Stop the musicのエレクトーン演奏

「Stop the music」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回もまたまた安室奈美恵の曲を弾いてみました。やっぱりこの頃の安室奈美恵、好きです。曲名は「Stop the music」。グレード7級の曲です。

7級の曲だから簡単かと思いきや、メチャクチャ苦戦しました。それも出だしでいきなり苦戦。シンコペーションです。裏拍苦手なんですよ。そもそもリズム感が悪いですからね。

もはやグレードの問題ではないんですよね。いつもは多少ずれててもまあいいやってOKにしちゃうんですけど、リズム感の悪さを克服するために、今回はリズムに拘りました。だから、普通に聴く分にはずれは気にならないと思います。粗探しすれば微妙なずれはたくさんありますけどね。

もうひたすらシンコペーションの練習を繰り返しましたよ。できないとストレスが溜まって来て、余計にずれて来てしまったりするんですよね。そういう時は一旦休憩。

音楽ってその演奏者の気持ちが反映されてしまうので、焦っている時はリズムが走り気味になってしまうんですよね。走っていないつもりでも、録音したものを後で聴いてみると走ってる事が多いです。

ですから、プロの演奏家って凄いと思いますよ。感情をコントロールできるんじゃないですかね。私はヤマハの小さな発表会などで演奏した経験しかありませんが、そんな小さな発表会でも緊張のあまりに手や足が震えて思うように演奏できたためしがありません。

陸上競技などの試合の前も緊張は半端ないのですが、スタートさえ切ってししまえば本来の自分に戻れるんですよね。楽器の場合はスタートしても緊張はなくならないどころか、逆に緊張が増して行ったりします(笑)。

シンコペーションの他にも、伴奏のリズムで難しい部分がありました。「ズタタンターンタ」っていうリズムですね。これも久々に見た気がします。もう体が覚えるまで伴奏だけでひたすら繰り返しました。

あと難しかったのは、2本指のメロディー進行ですね。いわゆるハモリってやつですが、テクニック名称はあるんでしょうか?よく分かりませんが、昔はこの技は特に難しいと感じた事はありませんでしたが、久々に遭遇したら難しかったです。

「Stop the music」は、「エレ クトーンメロディーパレットスペシャル 25 安室奈美恵 Grade7・6」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものも多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2011年12月6日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:J-POP

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像