世紀末の詩のエレクトーン演奏

世紀末の詩のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:テレビドラマ『世紀末の詩~The Last Song』のオープニングテーマ曲です。

この曲は、切なくも非常に美しい曲です。

暗い雰囲気、明るい雰囲気と交互に来るのでそのギャップにやられてしまい、演奏しながら涙する事もありました。逆に明るい展開の箇所ではこの上ない幸せを感じつつ演奏させて頂きました。

リズム付きの曲ですが、この曲はどう考えても一定のリズムに合わせて弾く曲じゃないと思うので、リズムなしで演奏しました。

リズムなしで、更にイニシャルタッチとアフタータッチがもろに効いているので、心の動揺はすぐに演奏に反映されてしまいます。私はちょっとした事ですぐに動揺するので数え切れないくらいに撮りなおししました。

動揺が曲に現れないように隠しているつもりでも、録音して聴いて見るとやっぱり隠せてないんですね。自分の気持ちが完全に曲に現れちゃうんです。例えば、苦手な部分に来ると逃げたくて間違えなくてもリズムが早くなっちゃうんです。

せっかくの美しい曲が台無しになっちゃうので、苦手な部分は数え切れないくらい練習しました。

演奏できるようになったと思っても、録音して聴いてみない事には本当に演奏できるようになっているかどうかはまだ分からないんですね。客観的に演奏を聴かないと、その完成度を知ることはできないんです。

それは分かってはいたのですが、この曲に関しては特にその事が言えますね。実際の演奏が、自分の演奏イメージとかけ離れ過ぎてショックを受けました。主観と客観は全く別物である事をこの曲に改めて思い知らされました。

この曲の練習過程で、自分でもまだよく分かっていない自分の内面も色々と気付かせてもらいました。例えば、ちょっと崩れるとガタガタになってしまうとか。オールオアナッシングの考え方が心に刻み付けられているようです。

『100%はない』って事を心にインプットし直さないといけません。崩れを如何に立て直すか、その力を磨いて行こうと思います。

世紀末の詩は、「エレクトーン ポピュラー・シリーズ グレード5級~3級 Vol.13 リラクセーション・ミュージック1~the most relaxing~feel」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものも多いです。

Tags

2011年5月21日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:クラシック

EYES ON ME featured in FINAL FANTASY VIIIのエレクトーン演奏

EYES ON ME featured in FINAL FANTASY VIIIのエレクトーン演奏。
演奏者:戸羽 俊夫(37歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:ゲームソフト「ファイナルファンタジーVIII」のメインテーマ(エンディング・テーマ)。グレード5~3級の曲です。

27歳の頃にエレクトーンを再開した時にこの曲がよく流れていて、良い曲だなあって思っていた曲です。

恋の歌ですね。なんか切なくて何回も泣きました。もう、おっさんになってしまったので泣かないだろうと思ってたんですが、本気で練習していたら泣いてしまいました。

上手く演奏するためには、曲の雰囲気を自分の心に取り込んで曲と同化する必要があるので、おっさんになっても泣きの曲はやっぱり泣いてしまいますね。

本気で練習していたら、大学の陸上部時代の練習の感覚がよみがえって来ました。同じ練習とは言え、ジャンルが全く違うのに重なって来るんですね。

この曲を弾いていて終盤辺りに差し掛かった所で、300m走のラスト100mの時と同じ感覚が湧き上がって来たんです。

300mはラスト100mからが本当の勝負なんですね。体に乳酸が溜まって来るので、手や足が重くなって来てまるで石膏に固められたような状態。そこで気合いを入れる訳です。気合いを入れれば入れるほど、更に重くなり、痛みも激しくなって来るんです。

何回、負けた事か。体の辛さに気持ちが負けた事、数え切れず。しかし、それに打ち勝てた時は走り終わった後に最高の幸せが待っているんです。息絶え絶えで体中に激痛が走っている最中にも関わらず、至福の時が訪れているんです。変態でしょ?w

世間では、これをマゾと言うかもしれませんね。しかし、私なんて全然甘い方ですね。一流の人間は間違いなくこの道は通ってるだろうし、もっと先のマゾ街道を突っ走ってると思うし、この感覚以上のものを味わってしまっているはずです。陸上に限らず、体育会系全般は間違いありません。

エレクトーンを演奏していて300mと似た感じを受けた事から、文化系も同じかもしれませんね。私はエレクトーンを弾いてるので文化系と思われている人もいるかもしれませんが、どちらかと言えば体育会系です。

さて、話は変わりますが、この曲、女の子の気持ちを謳ったものですね(だからと言って私はそっちの世界の人間ではありません。完全な男です。)。この曲、美しい女性に弾かれた日にゃ男という男はみんな昇天すると思いますよ。

男性をゲットをしたい女性はエレクトーンを武器にしてこの曲で攻撃をかけてみてはいかがでしょうかwきっとあなたの魔力から抜け出す事が出来なくなると思います。

まあ、男性をゲットするのに一番効果的なのは個人的には料理だと思いますけどね。独身男性は上手い料理には敵わないので若い女性は覚えておきましょう。特に独り暮らしの長い男は狙い目だから。上手い物食ってないから飢えてるんだよwまあ、私なんですけどねww

本題からそれ過ぎました。曲のテクニック的な面に言及しておきます。ゆったりしたバラードなので、勢いで貫く事はできません。表現力が非常に求められる曲です。イニシャルタッチやアフタータッチをメッチャ意識して演奏しなければいけない曲です。

難しくもありますが、気持ちを込められるので楽しくもありますね。

EYES ON ME featured in FINAL FANTASY VIIIは、「エレクトーン ポピュラー・シリーズ グレード5級~3級 Vol.13 リラクセーション・ミュージック1~the most relaxing~feel」に収録されています。

Tags

このページの先頭へ

イメージ画像