ルパン三世 愛のテーマ のエレクトーン演奏

「ルパン三世 愛のテーマ」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(39歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回は、ルパン三世のアニメから1曲演奏してみました。エンディング・テーマとしても有名な『愛のテーマ』です。難易度はグレード6級。スローテンポで、とても美しく切ないメロディの曲です。

STAGEAで演奏されている方もいてEL-900mの音と比較してみたんですが、やはり生楽器の音質は間違いなくEL-900mの方が上だと改めて確信致しました。シンセ系の音は、STAGEAには勝てませんけどね。

さて、今回、原曲を聴きまして、ハーモニカの音程を半音下げる微妙な表現をしてみたくて、自分でレジストを少しいじりました。いじると言っても、セカンドエクスプレッションペダルを使えるように設定しただけですが。

このハーモニカのテクニックは、ネットで調べたんですが『ベンド』というらしいです。最初は、ホリゾンタルタッチを使ってみたのですが、ベンドのような音にならなかったのでセカンドエクスプレッションペダルにしました。

この表現を入れるのと入れないのでは恰好良さが違いますね。試してみて正解でした。

スローテンポの曲は、速い曲以上に自分の感情が音に反映し易いので気の迷いなどもすぐにばれてしまいます。演奏に自信がない所などもやっぱり音に出ちゃいます。

ですから、たくさん弾き込みました。とは言え、完全に曲を体に覚え込ませる所までは行かず、所々、気の迷いが音のズレとなって表れてしまいました。もう少し、時間を置いて体に染み込ませてから録音した方が良かったと思います。

しかし、とりあえず演奏できるようになると、すぐアップしたくなる焦る気持ちが強く出て来てしまいます。メンタルの弱さを克服しないといけないようです。

生楽器の音源を使用したスローテンポの曲は、演奏者によって曲の味が全然変わって来ます。その人のカラーが出て来ます。様々な人の演奏を聴いてみると面白いですよ。

ルパン三世 愛のテーマは、『STAGEA・EL エレクトーンで弾く Vol.3 ルパン三世(グレード6~5級)』に収録されています。

Tags

2012年7月15日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:アニメ バラード

このページの先頭へ

イメージ画像