CHASERのエレクトーン演奏

「CHASER」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(39歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回は、T-SQUAREのCHASER(チェイサー)という曲を演奏してみました。この曲は、かつて『ツール・ド・フランス』の番組テーマ曲だったそうです。

チェイサーとは英語で追撃者、追撃機、狩猟家などの意味があります。そのタイトルらしくスピード感溢れる、攻撃的な雰囲気の曲となっています。演奏グレードは5~3級なので難しいです。

6級と5級の差はかなりありまして、5級だと指使いなども考えて演奏しないと指が足りなくなったり、また、考えても非常に押さえ方が厳しいものとなる事もしばしば。ソロも6級はかなり優しくアレンジされている事が多いのですが、5級になると演奏のし易さよりも聴き手を満足させるアレンジを意識して編曲されている場合が多いと感じます。

この曲はアップテンポの上に曲ジャンルがフュージョンという事で、とても苦戦しました。何せ私が難ありと感じているリズム感を試されるのがフュージョン。裏拍がバンバン出て来ます。バンバンというよりも裏拍が当たり前。という事で非常に苦戦しました。

楽譜を見てゆっくり演奏しても上手く演奏できなかったり、理解できない時は、メロディのみ、伴奏のみ、というようにパート毎に分けて練習し、体に覚えさせてから、全パートを合わせるという段取りを取りました。

ところで、この曲はセカンドエクスプレッションペダルをたくさん使用するのですが、この機能はやっと使いこなせて来たって気がします。ずーっとEL-500を使用して来たものですから、慣れるのに時間がかかりました。しかし、これを加えるのと加えないのでは格好良さが全然違いますね。

それから、アレンジは素晴らしいと思うのですが、エレキギターの音質が残念です。いつも思ってる事ですが、ELシリーズはギター系列の音が悪いです。私はギターの曲が大好きなので本当に残念です。

チェイサーは、『エレクトーン ポピュラー・シリーズ グレード5~3級 Vol.44』に収録されています。

※ELシリーズの楽譜は既に廃盤となっているものがほとんどだと思います。

Tags

2012年6月20日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

Melodies Of Loveのエレクトーン演奏

「Melodies Of Love」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回演奏したのは、ジョー・サンプルのメロディーズ・オブ・ラブという曲です。ジャンルはフュージョンです。

フュージョンって何ぞや?って事で、私も定義が曖昧になっていたので調べ直してみました。『ジャズを基調にロックやファンク、R&B、電子音楽、ワールドミュージックなどを融合(フューズ)させた音楽』だそうです。

ジャズがベースにある訳です。私はジャズそのものはあまり好きではないんですが、他のジャンルと融合されているフュージョンは好きです。

フュージョンの曲は今までに何曲か演奏した事があります。どれもグレードはそんなに高い曲ではなかったんですがとても難しく感じました。それはなぜか?理由は、そのリズムにあると思うんですね。

ジャズのリズムは乗るのが非常に難しいんです。裏拍やら、2拍3連符やら。

今回の曲もグレード6級の曲で難易度的にはそれほど高い訳ではありませんが、リズムに乗れなくて悪戦苦闘しました。もう、自分のリズム感の悪さが嫌になりました。更に、音色がピアノって事で、音に強弱を付けるのがとても難しかったです。

ピアノって、表現力がものすごく求められる楽器ですね。演奏したのはエレクトーンですけど。

自分のイメージが頭にあったのですが、結果的に少々妥協しました。なかなかイメージ通りに演奏する事ができなくて、鍵盤を叩き過ぎて指の関節に痛みが出て来てしまったためです。言い訳は嫌いなので言い訳にはしません。これが実力です。実力がないから何回も演奏し直して指を痛めただけの話です。

今回の曲では、リズムと表現力の2つに相当悩まされました。リズムに上手く乗れても表現力がいまいちだったり、表現力は良くてもリズムがずれたり。

リズムに乗るために、リズムを聴いて合わせようと思った時点で、もう乗れてません。依存心が起きた時点で、もうダメです。自分でリズムを刻むくらいの気持ちで演奏しないとリズムには上手く乗れません。

言うのは簡単、実践するのは難しいです。

Melodies Of Loveは、「エレクトーン サウンド イン ファン 34 フュージョン」に収録されています。

Tags

2012年2月19日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

Feel So Goodのエレクトーン演奏

「Feel So Good」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:久々にフュージョンを演奏してみました。曲名は、チャックマンジョーネの『Feel So Good』です。今回の曲は6級の曲です。

フュージョンってジャズをベースに他のジャンルの音楽と融合したものらしいですが、基本的にジャズはあまり好きではありません。しかし、フュージョンは好きです。

この曲はやたらと足を動かさなくてはいけない曲ですが、実際に動画を見てみたら自分で思っていた以上に動いてる気がしました。こんなに動かしたっけって感じですw他の人はどうか分かりませんが、私は足はあまり難しくないと思っています。あまり難しい曲を弾いてないだけかもしれませんが、足より手の方が難しいと思います。

足鍵盤の位置は目で確かめなくても感覚で分かりますが、手は見ないと分かりません。1オクターブ飛ぶ際は必ず見ます。足鍵盤は見なくても大丈夫です。

今回の曲は過去に演奏した事があったので、練習している内に全部暗譜してしまいました。

間違えずに演奏できるようになったと思ったら録音に入る訳ですが、いつも思う事は最初に録音したものは完成度が非常に低いという事。演奏しながら聴くのと客観的に聴くのは別物という事です。

今回演奏してみて思ったのは、リズムがずれまくりってこと。はい、またいつもと同じ事を言いますよ。私のネックはリズム感の悪さです。ですから、ひたすら微調整の繰り返しです。

疲れて一度休憩を入れるともう感覚が分からなくなって下手くそになっています。私の場合、それくらい感覚を忘れてしまうのが早いという事です。音の合成などはしておらず全部ノーカットの通しで演奏していますが、完成までには非常に時間がかかっています。私は本番に弱いタイプで、創り込んで行くタイプです。果てしなく演奏を繰り返しつつ、その途上で気付いた色々なアイディアを盛り込んで行きます。

ですから、今、「Feel So Good」を演奏してみろと言われても、もう動画と同じように演奏する事はできません。一期一会です。最高の自分に出会った瞬間を動画に封じ込めています。

36歳の頃の動画と38歳の今の動画を見比べてみると、老いも実感します。この動画は私の記録でもあります。

Tags

2011年12月21日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

ナイトバーズ(Night Birds)のエレクトーン(Electone)演奏

シャカタクの曲『ナイトバーズ』のエレクトーン演奏。
演奏者:戸羽 俊夫(36歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-500。

演奏者の一言:シャカタクのナイトバーズを演奏してみました。ジャンルはフュージョンで、グレード7級の曲です。7級ではありますが難しかったです。

先ずリズム。イントロが終わってメインのメロディーに入る際の0.25拍の休み(16部休符)が辛かったです。リズム感の悪さを痛感しました。

それから、エンディングのピアノのメロディーに強弱を付けるのにも苦労しました。私が子供の頃のエレクトーンは鍵盤を叩く強さなんて関係なかったのですが、最近のエレクトーンは鍵盤を叩く強さによって音に強弱が付くようになってます。

昔から強く鍵盤を叩く癖があるので、加減に苦労しました。

Tags

2010年12月15日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

このページの先頭へ

イメージ画像