ZEROのエレクトーン演奏

B’zの『ZERO』のエレクトーン演奏
演奏者:戸羽 俊夫(37歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:B’zのノリノリの感じがたまらない一曲です。私は様々なジャンルの曲を演奏しますが、ロックは行け行け気分になり、とても元気になるので大好きです。

私は一つの場所に落ち着いて居ることができない性格なんですが、それが今まで演奏して来た曲にも表れているのではないでしょうか。私は色々なものを見たい人なんです。

この曲はカラオケでもよく歌っていた曲です。曲ってその曲を聞いたり歌ったりした時代の自分を思い出させてくれますよね。一瞬で若い頃の自分に戻ることができます。曲は魔法だなあと思います。

演奏している楽譜は6級ですが、少しだけアレンジを加えてあります。

それから、私はエレキギターをやっていたのでエレキギターに関してそれなりに詳しいのですが、エレキギターを良く知っているだけにエレキギターの音に少し不満があります。エレキギターの伴奏をバッキングというんですが、エレキギターではビートを刻む時にブリッジミュートという奏法を使って演奏します。

ブリッジミュートをかけないでビートを刻むと、耳障りな音になります。

最新機種のステージアにはブリッジミュートをかけたエレキギターの音があるのか知りませんが、ELシリーズに関して言えばありません。だから、バッキング音が気に入らないのです。ブリッジミュートをかけたエレキギターの音があれば、もっとロックを楽しめるんですけどね。残念な点です。

ZERO」は、『エレクトーン サウンド イン ファン 24 J-ROCK2』に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものも多いです。

Tags

2011年1月5日 | 1 Comment/Trackback »|

Category:ロック

今夜月の見える丘にのエレクトーン演奏

木村拓哉、常盤貴子主演のTBS系東芝日曜劇場『ビューティフルライフ』の主題歌:『­今夜月の見える丘に』のエレクトーン演奏
演奏者:戸羽 俊夫(37歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:この曲は、気付いたら口ずさんでいて、どうしても弾きたくなって楽譜を­購入しました。とても良い曲だと思います。

ただ、エレクトーンの音がこの曲に限ってはあまり好きではありません。具体的に言うと­、サビのメロディーの音質なんですが、編曲者にはもっと良い音をチョイスして欲しかっ­たです。(勝手なことを言ってすみません。)

それから、これは編曲者のせいではありませんが、エレキギターの音が頂けません。EL­シリーズ自体、エレキギターの音は安っぽいです。

ロックなんだから、もっと重い、歪んだディストーションサウンドを入れておいて欲しか­ったです。それから、バッキング時のブリッジミュートを効かせたエレキ音がないのは致­命的です。

いちおう、エレキ小僧だったので、エレキの音にはうるさいです。いや、エレキ小僧じゃ­なくても分かると思います。

まあ、文句はこれくらいにしておきましょう。

この曲は、5~3級の曲なので難しかったです。3連符、裏拍など目白押しです。まあ、­ロックでは当たり前のように出て来るものですね。

5~3級の曲と6級の大きな違いの1つに、ソロがあります。6級までは、ソロが省略、­あるいは簡略化されていることがほとんどなんですが、5級以下は完全なソロがあるんで­す。

やっぱりソロがないと楽しさ半減です。

あと、いつも言ってることですが、リズム感の悪さですね。頭では分かってるけど、体が­分かってないって感じです。「タン、タン」と足や体などを使って意図的にリズムを刻ま­ないと、ずれて行っちゃうんです。

意図的にリズムを刻むのは頭でリズムを理解しているのであって、体で理解しているので­はないと感じるんですよね。

音楽と一体になる必要があると思います。

それから、今回は曲の終盤で立ち上がって弾いてます。途中で、バランスを崩して倒れそ­うになっていますwww足鍵盤を踏み外してしまいましたが、何とか踏ん張りました。

それから、久々に動画編集にも時間を使ってみました。動画編集は自分のイメージを目に­見える形にする作業なので、これまた楽しくて仕方ありません。

時間がある時しかできなんですけどね。

「今夜月の見える丘に」は、「エレクトーン ヒットソング・シリーズ グレード5級~3級 Vol.1」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になってい­るものも多いです。

Tags

2010年12月17日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ロック

BLOWIN(B’z)のエレクトーン演奏

B’z(ビーズ)の曲『BLOWIN』のエレクトー ン演奏。
演奏者:戸羽 俊夫(36歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-500。

演奏者の一言:7級の曲です。演奏グレードの7級を取るまでは7級の曲がとても難しく感じていたのですが、それ以降は優しく感じるようになりました。

この曲は、私がカラオケでよく歌う曲でもあります。私としてはエレキギターのソロパートを省略しないで編曲して欲しかったのですが、難易度が上がるためか7級の曲はソロパートが省略されている事がほとんどです。

私がYouTubeで知り合ったメキシコの友人はこの曲が大好きだと言っていました。どういう内容の曲なのかと質問して来たので、「厳しい風にも負けずに頑張る姿を描いたもの」という感じで説明しておきました。

Tags

2010年12月15日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ロック

HONEY(L’Arc~en~Ciel)のエレクトーン演奏

L’Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シェル)の曲『HONEY』のエレクトーン演奏。
演奏者:戸羽 俊夫(36歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-500。

演奏者の一言:6級の曲です。個人的に7級と6級の曲の大きな違いは左手がよく動くかどうかの違いのように感じます。7級はずっとコードで押さえる事が多いのですが、6級になると右手のように指一本一本をバラバラで押さえる事が多くなるように感じています。

この曲は、私が大好きなジャンル、ロックという事もあってかさほど難しさを感じませんでしたが、ベース音を担当する足があちこちに飛ぶのでペダル位置の感覚がつかめていないと辛いかもしれません。

私的に一番難しかったのは、イントロ部分です。最近、イントロ部分が難しいと思う曲が多い気がしています。理由を考えたのですが、私の演奏する曲の出だし部分にはリズム音がなかったりリズム音が小さかったりする曲が多いためだと思います。

まあ、一言で言えばリズム感が悪いという事でしょうから、もっとリズム感を磨こうと思います。リズム感の悪さは最近よく思う事です。動画に撮って自分の演奏を客観的に見るまでは気付きませんでした。

やはり、自分を客観的に見るという事は大切な事だと思います。

Tags

2010年12月15日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ロック

#1090 ~Thousand Dreams~(B’zの曲)のエレクトーン演奏

B’zの曲、『#1090 ~Thousand Dreams~』のエレクトーン演奏。ミュージックステーションのオープニングテーマとして有名ですよね。

演奏者:戸羽 俊夫(36歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-500。

出典:エレクトーン ポピュラーシリーズ グレード5~3級 VOL.1 テレビ・テーマ・ミュージック。

演奏者の一言:グレード5~3級の曲ですが、やはり6級の曲とは難易度が全然違います。難しかったです。7級と6級の曲の間にも大きな差があったように感じますが、6級と5級以下の差は歴然です。

リズムが途中で発音しなくなりますが、リズムは動いているため、合わせるのに苦労しました。リズム感があまり良くないのを思い知らされてしまいました。リズム感も養う努力をしないと。

動画で自分の演奏を客観的に聴くようになってから、色々改善しなくてはならない所が見えて来ました。こだわり出すと切りがありません。何でもそうですが、エレクトーン演奏も奥が深いです。

ちなみに、エレクトーンの機種がEL-500のため、ホリゾンタルタッチ・ビブラートやセカンドエクスプレッションペダルによるピッチベンドは行っていません。行いたいところなので、行えないのが非常に残念です。

エレキギターのハンドビブラートやチョーキング効果が出せるので、演奏がもっと面白くなるんですよ。

Tags

2010年12月15日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ロック

このページの先頭へ

イメージ画像