コパカバーナのエレクトーン演奏

「コパカバーナ」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回はラテンの曲を演奏してみました。バリー・マニロウのコパカバーナという曲です。

演奏難易度はグレード6級ですので6級の私には丁度良いレベルです。

軽快なリズムと陽気なメロディーなので演奏していてとても楽しいです。ただ、歌詞を読むとその陽気な調子とは全くそぐわない内容なんです。ピストルで彼氏を殺された彼女が正気を失うという内容です。

なぜ明るい雰囲気なんだ?まあ、それがラテンなのかもしれません。

さて、演奏についてですが、凄い難しいという訳ではありませんがテクニック的に一番気を使った所は、伴奏左手の『タータッタータ』という刻みです。歯切れの良さに気を使いました。また、これを右手のメロディーと組み合わせると少々難易度が高くなるので、練習が必要でした。

あとは、ブラス系の音のアフタータッチに気を使いました。それなりに力を込めないと気の抜けた音になっちゃうんです。仕上がるまでに相当練習しましたので、二の腕と肩が筋肉痛になってしまいました。

この曲で一番好きな箇所は、ソロの部分。トランペットの音が最高です。

「コパカバーナ」は、「エレクトーン ポピュラー・シリーズ グレード7~6級 Vol.1 ラテン」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものが多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2012年4月30日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ラテン

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像