今夜月の見える丘にのエレクトーン演奏

木村拓哉、常盤貴子主演のTBS系東芝日曜劇場『ビューティフルライフ』の主題歌:『­今夜月の見える丘に』のエレクトーン演奏
演奏者:戸羽 俊夫(37歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:この曲は、気付いたら口ずさんでいて、どうしても弾きたくなって楽譜を­購入しました。とても良い曲だと思います。

ただ、エレクトーンの音がこの曲に限ってはあまり好きではありません。具体的に言うと­、サビのメロディーの音質なんですが、編曲者にはもっと良い音をチョイスして欲しかっ­たです。(勝手なことを言ってすみません。)

それから、これは編曲者のせいではありませんが、エレキギターの音が頂けません。EL­シリーズ自体、エレキギターの音は安っぽいです。

ロックなんだから、もっと重い、歪んだディストーションサウンドを入れておいて欲しか­ったです。それから、バッキング時のブリッジミュートを効かせたエレキ音がないのは致­命的です。

いちおう、エレキ小僧だったので、エレキの音にはうるさいです。いや、エレキ小僧じゃ­なくても分かると思います。

まあ、文句はこれくらいにしておきましょう。

この曲は、5~3級の曲なので難しかったです。3連符、裏拍など目白押しです。まあ、­ロックでは当たり前のように出て来るものですね。

5~3級の曲と6級の大きな違いの1つに、ソロがあります。6級までは、ソロが省略、­あるいは簡略化されていることがほとんどなんですが、5級以下は完全なソロがあるんで­す。

やっぱりソロがないと楽しさ半減です。

あと、いつも言ってることですが、リズム感の悪さですね。頭では分かってるけど、体が­分かってないって感じです。「タン、タン」と足や体などを使って意図的にリズムを刻ま­ないと、ずれて行っちゃうんです。

意図的にリズムを刻むのは頭でリズムを理解しているのであって、体で理解しているので­はないと感じるんですよね。

音楽と一体になる必要があると思います。

それから、今回は曲の終盤で立ち上がって弾いてます。途中で、バランスを崩して倒れそ­うになっていますwww足鍵盤を踏み外してしまいましたが、何とか踏ん張りました。

それから、久々に動画編集にも時間を使ってみました。動画編集は自分のイメージを目に­見える形にする作業なので、これまた楽しくて仕方ありません。

時間がある時しかできなんですけどね。

「今夜月の見える丘に」は、「エレクトーン ヒットソング・シリーズ グレード5級~3級 Vol.1」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になってい­るものも多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2010年12月17日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ロック

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像