Don’t wanna cryのエレクトーン演奏

「Don’t wanna cry」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回が私の弾く安室奈美恵の最後の曲になると思います。私が持っている安室奈美恵の楽譜は全部演奏した事になります。今回の曲は6級の曲です。

それ程難しくないだろうと思っていたのですが、結論から言ってとても難しかったです。リズムの刻みが難しかったです。やっぱり私のネックはリズムなんですよね。

最初、タンバリンのリズムに合わせて演奏してその録音を聴いてみたら、明らかにリズムに乗れてないんですよ。合わせようと努力する事は大切だけれども、何かに完全に依存してしまうとぎこちなくなってしまう事が分かりました。

そのため、リズムを掴んだら自分の体内時計で主体的にリズムを刻む方法に変えてみました。しかし、そうすると今度は体内時計は機械のように正確ではないのですぐにずれて行ってしまったんです。

なので半分タンバリンの音に合わせ、半分主体的というような折衷型にしました。感覚的なものなので何を言ってるかは分からないかもしれませんが、表現するとこういう表現になります。どれだけ練習したかは分かりませんが、最終的にこれで何とか聴ける程度にはなりました。

どうも私はタンバリンの「タンタンタンタン」という刻みと合わせるのが苦手のようです。ドラムの音の方が合わせやすいです。

足鍵盤は、オートベースコードが採用されていない部分があるため、自分でベースを刻む必要がありこれまたそれなりに気を使いました。

間違えたくないと思えば思うほど間違えました。曲の最後の方に近付き上手く終わらせたいと願いながら演奏していたら必ず間違えました。なので、無事に終わらせたい等という余計な感情を入れないで演奏しました。

今回の曲でも色々と勉強させてもらいました。演奏にはその奏者の気持ちが間違いなく反映されます。自分の演奏を録音しては聴くという作業を果てしなく繰り返して分かりました。自分の演奏からフィードバックされました。

「Don’t wanna cry」は、「エレ クトーンメロディーパレットスペシャル 25 安室奈美恵 Grade7・6」に収録されています。

※私が演奏しているものは、10年ほど前に購入したものばかりで、もう絶版になっているものも多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2011年12月17日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:J-POP

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像