Feel So Goodのエレクトーン演奏

「Feel So Good」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:久々にフュージョンを演奏してみました。曲名は、チャックマンジョーネの『Feel So Good』です。今回の曲は6級の曲です。

フュージョンってジャズをベースに他のジャンルの音楽と融合したものらしいですが、基本的にジャズはあまり好きではありません。しかし、フュージョンは好きです。

この曲はやたらと足を動かさなくてはいけない曲ですが、実際に動画を見てみたら自分で思っていた以上に動いてる気がしました。こんなに動かしたっけって感じですw他の人はどうか分かりませんが、私は足はあまり難しくないと思っています。あまり難しい曲を弾いてないだけかもしれませんが、足より手の方が難しいと思います。

足鍵盤の位置は目で確かめなくても感覚で分かりますが、手は見ないと分かりません。1オクターブ飛ぶ際は必ず見ます。足鍵盤は見なくても大丈夫です。

今回の曲は過去に演奏した事があったので、練習している内に全部暗譜してしまいました。

間違えずに演奏できるようになったと思ったら録音に入る訳ですが、いつも思う事は最初に録音したものは完成度が非常に低いという事。演奏しながら聴くのと客観的に聴くのは別物という事です。

今回演奏してみて思ったのは、リズムがずれまくりってこと。はい、またいつもと同じ事を言いますよ。私のネックはリズム感の悪さです。ですから、ひたすら微調整の繰り返しです。

疲れて一度休憩を入れるともう感覚が分からなくなって下手くそになっています。私の場合、それくらい感覚を忘れてしまうのが早いという事です。音の合成などはしておらず全部ノーカットの通しで演奏していますが、完成までには非常に時間がかかっています。私は本番に弱いタイプで、創り込んで行くタイプです。果てしなく演奏を繰り返しつつ、その途上で気付いた色々なアイディアを盛り込んで行きます。

ですから、今、「Feel So Good」を演奏してみろと言われても、もう動画と同じように演奏する事はできません。一期一会です。最高の自分に出会った瞬間を動画に封じ込めています。

36歳の頃の動画と38歳の今の動画を見比べてみると、老いも実感します。この動画は私の記録でもあります。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2011年12月21日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像