magnetのエレクトーン演奏

「magnet」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回はVOCALOID(ボーカロイド)の有名な曲を弾いてみました。グレード6級の曲です。

この曲はリズムが難しかったです。シンコペーションが多用されています。6級の曲なので、それ以外は特に難しいと思われる部分はありませんでした。

ただ、原曲のイントロのソロが恰好良いのですが、楽譜は6級用に優しくアレンジされているので、耳コピで原曲のメロディに近付けて演奏した所、難しくなりました。

楽譜通りに演奏すれば簡単ですが、楽譜通りには弾いてません。

演奏していて不思議に思うのは、同じリズムリピードで演奏していても、日によって速度が異なって感じられること。ゆっくりに感じられる日もあれば速く感じられる日もあります。同じ日でさえ、スピードが異なって感じる時すらあります。なぜでしょうね?

ところで、エレクトーンが完全に壊れました。壊れていますが、音は出ています。なので、とりあえず録音してみました。音が通常とは異なるのがお分かり頂けますでしょうか?

音が完全に出ない訳ではないため、修理に来てもらうのが面倒です。ヤマハに尋ねた所、修理費は3万円くらいになるとの事です。そんなに高くないので、さっさと治した方が良いですね。

「magnet」は、『STAGEA・EL ポピュラー・リシーズ(グレード6級)Vol.51 ボーカロイド・ヒッツ』に収録されています。
※これはもう絶版になっています。初版が2011年5月10日なのでまだ出たばかりですが、あまり売れなかったんでしょうね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2011年9月28日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:ボーカロイド

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像