Melodies Of Loveのエレクトーン演奏

「Melodies Of Love」のエレクトーン演奏

演奏者:戸羽 俊夫(38歳)。
レベル:ヤマハエレクトーン演奏グレード6級。
使用エレクトーン:EL-900m。

演奏者の一言:今回演奏したのは、ジョー・サンプルのメロディーズ・オブ・ラブという曲です。ジャンルはフュージョンです。

フュージョンって何ぞや?って事で、私も定義が曖昧になっていたので調べ直してみました。『ジャズを基調にロックやファンク、R&B、電子音楽、ワールドミュージックなどを融合(フューズ)させた音楽』だそうです。

ジャズがベースにある訳です。私はジャズそのものはあまり好きではないんですが、他のジャンルと融合されているフュージョンは好きです。

フュージョンの曲は今までに何曲か演奏した事があります。どれもグレードはそんなに高い曲ではなかったんですがとても難しく感じました。それはなぜか?理由は、そのリズムにあると思うんですね。

ジャズのリズムは乗るのが非常に難しいんです。裏拍やら、2拍3連符やら。

今回の曲もグレード6級の曲で難易度的にはそれほど高い訳ではありませんが、リズムに乗れなくて悪戦苦闘しました。もう、自分のリズム感の悪さが嫌になりました。更に、音色がピアノって事で、音に強弱を付けるのがとても難しかったです。

ピアノって、表現力がものすごく求められる楽器ですね。演奏したのはエレクトーンですけど。

自分のイメージが頭にあったのですが、結果的に少々妥協しました。なかなかイメージ通りに演奏する事ができなくて、鍵盤を叩き過ぎて指の関節に痛みが出て来てしまったためです。言い訳は嫌いなので言い訳にはしません。これが実力です。実力がないから何回も演奏し直して指を痛めただけの話です。

今回の曲では、リズムと表現力の2つに相当悩まされました。リズムに上手く乗れても表現力がいまいちだったり、表現力は良くてもリズムがずれたり。

リズムに乗るために、リズムを聴いて合わせようと思った時点で、もう乗れてません。依存心が起きた時点で、もうダメです。自分でリズムを刻むくらいの気持ちで演奏しないとリズムには上手く乗れません。

言うのは簡単、実践するのは難しいです。

Melodies Of Loveは、「エレクトーン サウンド イン ファン 34 フュージョン」に収録されています。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Tags

2012年2月19日 | No Comments/Trackbacks »|

Category:フュージョン

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply

このページの先頭へ

イメージ画像